なぜ「話し方が9割」なのか?

 

メラビアンの法則というものがあります。

人の第一印象の55%は見た目で、38%は話し方で決まると言われます。

つまり合計93%が見た目と話し方できまります。

見た目のほとんどが顔の表情できまるので、
見た目も含めた話し方が9割くらいの印象になります。

表情や声の情報を効果的に使いましょう。

 

私にとっての声とは、とても大切な商売道具です。

講師やコーチ、コンサルタントとして、
何を言うかと同じくらい大切なのがどう言うか。

表現だけでなく、声やトーン、間や抑揚を大切にしています。

まずはご自身の話し方を振り返ってみましょう。

 

◆今日のお勧め1分アクション:自分のスピーチを1分間録画してチェックしてみる。

 

読み聞かせの効果

 

あなたは子供の頃にどれくらい本に触れていたでしょうか?

私は2歳の誕生日から9歳まで
親に絵本の読み聞かせをしてもらっていました。

その結果が作家として9冊、30万部以上の本を出版する
原点だったと思います。

そして、私自身も自分の娘に毎晩読み聞かせをしました。

 

読み聞かせは、国語力や思考力だけでなく、
本の世界に入りながら眠りにつくので想像力を鍛えます。

そして、何より子供が親の愛情を感じ安心感のまま眠りにつけます。

お子さんがいらっしゃる方は何歳からでもぜひ試してみてください。

また寝る前の読書習慣もあなたの人生を変えます。

 

◆今日のお勧め1分アクション:今晩、寝る前に1分読書をする。

決意できる人は10%

 

決意と願望は全く違います。

決意できる人は10%だけと言われています。

90%は思うだけで実行しません。

なので、決意したら勝ち、10人に1人に入れるのでラッキーですよね。

 

決意は願望の延長線上にあるのではなく、まったく違うものです。

何かをやろうと思ったらぜひ決意をしましょう。

自分自身で決意の儀式のようなものを持ってもいいですし、
人に宣言してもいいです。

また、決意してもう引き戻せない状況に
自分を追い込んでしまう方法もあります。

留学や起業などもそれに近いですね。

ぜひ決意しましょう。

 

◆お勧めアクション:
今の願望に対して、決意をして人に宣言をしましょう。

目標の「なぜ?」を考える

 

何を達成するか、どう達成するか、に加えて
「なぜ」それを達成する必要があるかを考えましょう。

目標が同じであることはあっても、
なぜそれを達成したいかは人によって異なります。

そしてその「なぜ」が行動のエネルギーになります。

 

また、この「なぜ」を持つときには、
for me の理由だけでなく、for you の理由も必ず考えます。

例えば、「10万部の本を出版したい」という目標が、
自分が有名になりたい、成功したい、と思うのか、
その本によって読者に勇気と可能性を与えたいと思うのかで
結果も変わってきます。

For me も大切ですが、for youが加わることで
回りの助けも借りやすくなります。

 

◆お勧めアクション:今の目標の「なぜ」を考えてみましょう。

 

 

思い込みを笑い飛ばす

 

ネガティブなビリーフを笑い飛ばす方法をお伝えします。

 

実際に先日のセミナーで、「私は人前で話すのに緊張する」
というビリーフを持った方がいました。

その方にできるだけ、あほっぽく、実際には男性だったので、
鼻の穴に指を入れてもらいながら
「私は人前で話すのに緊張します」と言ってもらいます。

その場に笑いが起きるレベルで。

それに対し、聞いている聴衆は、これまたノリノリで
「何言うてまんねん!」と突っ込みます。

その場では関西人の方に先導してもらいました。

こうするだけで、今まで自分が深刻にとらえていたビリーフを笑い飛ばし、
ホント?と思えるようになります。

ぜひわざとあほらしく言う部分だけでもやってみてください。

 

◆お勧めアクション:捨て去りたいビリーフをあほらしく言う

 

人生を変える優先順位の立て方

 

【人生を変える優先順位の立て方】は、
とにかく長期で重要なことを最優先することです。

例えば病気で病院に行くのが短期で重要なことなら、
スポーツクラブに行くのが長期で重要なことです。

ただ、それらは、一朝一夕で達成できないことが多いので、
毎日30分など長期で重要なことをやる時間を取ることです。

 

もう一つは趣味を優先すること。

ワクワクすることを優先していると、
脳が常にワクワクした状態になり、
仕事を含め人生全体が好転していきます。

 

◆今日のお勧め1分アクション:
趣味を充実させる計画を立てる。長期で重要なことを1分でいいからやってみる。

 

海外で自由に働く方法

 

私は現在シンガポールでの生活が6年目になり、
その前は中国に5年いました。

ニューヨークでも2年を過ごしています。

 

海外で自由に働くためには、
実はまずは日本での基盤をしっかりと作ることです。

つまり、オンラインのビジネスモデルで、
自分がどこにいても良い体制を作ります。

具体的には日本における会社経営を安定させます。

その基盤の上に、海外で会社を作ったりするのが最も良い方法です。

あくまで日本での基盤がありきになります。


◆今日のお勧め1分アクション:
住んでみたい国にすでに住んでいる人を思い浮かべる。
できれば連絡をしてみる。

 

大人の海外大学院留学

 

僕は30代に一度、40代に一度、海外の大学院に行っています。

40代の2度目の大学院も卒業間近です。

 

目的は修士号を取ることでもなければ、何かを学ぶことですらありません。

一番の目的はライフシフトを起こすためです。

大きな時間とお金の投資をすると確実に人生の路線が変わります。

最初の大学院の後は、結婚と起業をしました。

今回の大学院卒業後も何が起こるか楽しみにしています。

 

大学院に限らず、思い切った挑戦でライフシフトを起こしてみましょう。

 

◆今日のお勧め1分アクション:
興味のある海外大学、大学院の動画を見てみる。

 

ドラマを使った英語勉強法

 

 

英語で映画やドラマを見てみたいというのは、
多くの人がイメージする目標ではないでしょうか。

ドラマでの英語学習自体のとても有効な方法です。

特にドラマは映画よりセリフが多いので学習にうってつけです。

自分が好きなドラマや、日常生活を扱ったドラマなどを選びましょう。

 

その上で、ドラマ名に加えて、SCRIPTと検索すると、セリフが出てきます。

ドラマの場合は、第一話を何度も見て
設定や登場人物の英語に慣れるようにしてみましょう。

英語字幕も活用します。

第一話を何度も見ると、第二話以降がとても楽になります。

 

◆今日のお勧め1分アクション:
好きな海外ドラマを3つピックアップする。

英語リスニング向上の秘訣

 

英語の能力で最も重要なのはリスニング力です。

なぜなら話せない理由の大半は、
相手が何を言っているか聞き取れないからです。

まずはリスニング力をしっかり身につけましょう。

そのためには、まずv, rなど、
日本語にない発音をきちんと出せるようになりましょう。

その上で、きれいな発音でシャドウイングという、
正しい英文を聴きながら0.3秒遅れくらいで
マネしながら発音していく練習を徹底してやります。

まずは5分くらいの英文をきれいにシャドウイングできるようなると、
リスニング力は飛躍します。

◆今日のお勧め1分アクション:
シャドウイングのやり方をネット検索してみる。