最強のアンガーマネジメント

 

どんな怒りにも通じるアンガーマネジメントは
「本当はどうしてほしいの?」
という問いかけです。

よく驚かれますが「怒り/悲しみ」と「願い」は表現が違うだけの全く同じエネルギー。
「なんでこんなことするの?」という不満の根底にあるのは
「こうしてほしい」という願いで、無理に押し込めずに感じると、
現状と理想のギャップに気づける。

ネガティブなメッセージは、気づき/落とし込み/伝える。
否定で終わらせず、期待で終わらせた方がいい。

「怒りや悲しみ」と「願い」は実は同じエネルギーで感じ方が違うだけ。
よって、怒りや悲しみは無理にポジティブで打ち消さずにしっかり感じてみる。

「本当は何を願っているのか?」
その願いと現状のギャップが怒りや悲しみになっているだけです。
ネガティブからのメッセージを行動につなげよう。

今日も素敵な1日を。

お役に立てたら、いいね・コメント・シェアなどいただけると嬉しいです。

ただいま、無料コーチングセミナー開催中です。
詳しくはこちらから。

YouTube、Twitter、Facebook、Instagram、Voicy、note、ameblo
など各種SNSと、特典付き無料コーチングセミナーはこちら
https://lit.link/hm1

自己肯定感を上げるたったひとつの方法

 

素敵な服を着ると、背筋が伸びて顔つきが変わる。
同じように、他者に親切にすると、自己肯定感が上がり表情が明るくなる。
枯渇した状態での自己犠牲ではなく、少しの余力を分け与える他者貢献で自信が満ち溢れる。

自信がなくなったときの処方箋は、誰かのために生きること。
プレゼントは、受け取った人より渡した人の方が幸せを感じるのも同じ理屈。
自己肯定感を上げる最もシンプルで効果的な方法は、他者に親切にすることです。

大人でも子供でも同じです。
親切や貢献で自己肯定感は上がる。
でも自己犠牲はしない。

また、他者に親切にすると他者の視線も気にならなくなります。
だから、他者に貢献することで一番得するのは、結局は自分なのです。

今日も素敵な1日を。

お役に立てたら、いいね・コメント・シェアなどいただけると嬉しいです。

ただいま、無料コーチングセミナー開催中です。
詳しくはこちらから。

YouTube、Twitter、Facebook、Instagram、Voicy、note、ameblo
など各種SNSと、特典付き無料コーチングセミナーはこちら
https://lit.link/hm1

人に貢献する前にするべきこと

 

困っている人に寄り添えるのは「困っている自分を助け終わった人」です。
人の困りごとの負荷は想像以上に重いので、まずは自分に貢献してください。

十分な睡眠と適度な運動、良質な食事で心身を整える。
優しい人が優しくいられる状態を整えてから、余力で貢献したほうが、より荷物を持ってあげられます。

人に貢献したりgiveするのは素晴らしいことだけど、一番の貢献先はまず自分。
自分の体やメンタルを愛してあげること。
自分の心と身体を責任を持って管理し、育てる。

まずそれができないと他者に貢献しても自分が枯渇していく。

ちゃんと寝て、ちゃんと運動して、良質な食事をとり、やりたいことをやりましょう。

今日も素敵な1日を。

ただいま、無料コーチングセミナー開催中です。
詳しくはこちらから。

YouTube、Twitter、Facebook、Instagram、Voicy、note、ameblo
など各種SNSと、特典付き無料コーチングセミナーはこちら
https://lit.link/hm1

変わらないことに執着しない

 

まれに、「変わらないことに執着している」人がいます。
それはそれで構わないのですが、そんな自分に気づいておきましょう。

変わらないと決めると、現状維持ができます。
例えば、何かを学んでも変化がないので、「私はやったのに変わらない」と他者のせいにできます。

変わらないことで、環境のせいすることもできます。
変わらないことで、自分の小さな正しさの証明もできます。

「変わりたい」と表面的に言っていても、潜在意識ではこのように「変わらない」と決めていたり、「どうせ変われない」とあきらめていたりする部分があるのはもったいないことです。

ぜひ、自分の、「変わりたい本音」と「変わりたくない本音」と向き合ってみましょう。
そこに向き合いきれると、変わることができます。

今日も素敵な1日を。

ただいま無料コーチングセミナー開催中です。
あなたのご参加をお待ちしております。

YouTube、Twitter、Facebook、Instagram、Voicy、note、ameblo
など各種SNSと、特典付き無料コーチングセミナーはこちら
https://lit.link/hm1

人生100年時代の対策とチャンス:信用と人間関係

 

お金よりも大切なものが信用です。
なぜならお金がなくても信用があれば助けてくれる人がいるからです。

100年の人生を見据えて、たくさんの信用と信頼を築いていきましょう。
何より豊かな人間関係がなければ人生は充実しません。

そのためにも、普段から周りの人に貢献し続けることです。
貢献の喜びを感じ続けることです。

具体的に貢献できる武器を持つことも大切です。
ある分野で突出した存在になってしまえば、頼られることも貢献できることも多くなります。

私の場合も、語学指導やコーチングなどの武器でたくさんの方をサポートさせていただきました。
ぜひあなたならではの武器で、公私にわたって周りに貢献し続けてください。
あなたに返ってくるだけでなく、貢献そのものがあなたの人生を豊かにしてくれるはずです。

今日も素敵な1日を。

ただいま無料コーチングセミナー開催中です。
あなたのご参加をお待ちしております。

YouTube、Twitter、Facebook、Instagram、Voicy、note、ameblo
など各種SNSと、特典付き無料コーチングセミナーはこちら
https://lit.link/hm1

自己肯定感が高い人がやっていること

 

いつも自己肯定感が高い人に秘訣を聞いたら
「結果は周囲が褒めてくれるので、努力を可視化して自分で努力を褒めるようにしている」
と言っていて納得。

営業なら、訪問数や改善数など。
ダイエットならトレーニング時間や摂取カロリーなど。
自分で自分のプロセスを褒めてあげる習慣は確かにセルフイメージが高まります。

結果や相手はコントロールができません。
コントロールできるのは、自分やプロセス。
コントロールできるものにフォーカスをするとストレスが減り、結果もついてきます。

今日も素敵な1日を。

ただいま無料コーチングセミナー開催中です。
あなたのご参加をお待ちしております。

YouTube、Twitter、Facebook、Instagram、Voicy、note、ameblo
など各種SNSと、特典付き無料コーチングセミナーはこちら
https://lit.link/hm1

日本式教育の弊害

 

日本では「人に頼ってはいけない」という教育が行われている。
テストの評価も「いかに独学で頑張ったか」が点数に出るし、
徹底したカンニング監視も行われる。

ところが社会に出て結果が出せるのは人に頼れる人だし、
AIも駆使してカンニングする人。

今からでもいい。
頼れない人は頼れる筋力を育てよう。
リーダーシップの最重要スキルは「ヘルプミー」を出せること。

自分の強みを徹底的に磨き、弱みに関しては大いに人に頼りましょう。
強みを補い合い、掛け算するのが組織や社会です。

今日も素敵な1日を。

ただいま無料コーチングセミナー開催中です。
あなたのご参加をお待ちしております。

YouTube、Twitter、Facebook、Instagram、Voicy、note、ameblo
など各種SNSと、特典付き無料コーチングセミナーはこちら
https://lit.link/hm1

「日本でもっとも大切にしたい会社」の経営者

 

私のご受講生で「日本でもっとも大切にしたい会社」で大賞を獲った経営者が、
「嫌なことは対策をしないから嫌なまま」
と言ってて納得。

たとえばクレームも「完璧なクレームマニュアル」をつくったら従業員が前向きに対応したとのこと。
苦痛は対策不足。
対策で感情は180度かわる。

マイナスから逃げず、どうプラスに変えられるかという思考を手に入れれば、人生から失敗という概念はゼロになりますよ。

この経営者の方は、毎朝4時起きで社員にメッセージも送り続けている。
従業員満足度もとても高く、事業も飛躍的に伸ばされています。

4時起きの後に5時からランニングを365日継続している。
ただ、ランニングは雨の日は走らないようにしてたらいつの間にか「雨を願う自分」がいてまずいと思ったとのこと。
それから雨用のランニンググッズを完備して、雨が苦痛にならないように完璧に対策。
無事継続できるようになったと言っていた。

嫌なことは対策をしないから嫌なまま。
対策をすれば「待ってました!」となります。

今日も素敵な1日を。

ただいま無料コーチングセミナー開催中です。
あなたのご参加をお待ちしております。

YouTube、Twitter、Facebook、Instagram、Voicy、note、ameblo
など各種SNSと、特典付き無料コーチングセミナーはこちら
https://lit.link/hm1

上手な指示のやり方

 

「シロクマのことを考えないでください」と言われても、つい想像してしまう現象に、指示の重要性が詰まっている。
子供に「こぼさないでね」と伝えると失敗しやすいのは、潜在意識は否定形を認識できないから。
最適解に導きたいなら、「上手に運んでね」など肯定語で伝える。

潜在意識が認識できないものは、否定形以外に、時制と人称がある。
よって、過去の悪いことを思い出すと、今も未来も悪くなる。
一方で明るい未来を想像すると今も過去も良くなる。
今の自分を輝かせると当然過去も変わる。

過去はその人の記憶の中にある起こった出来事に対する「現在の解釈」に過ぎない。
潜在意識は人称も認識できないので、人の悪口を言うと、自己肯定感がどんどん下がる。
他者を肯定すると自己肯定感も当然上がっていく。
コーチングにおいて、とても重要な考え。

潜在意識を上手に使おう。
自分にも他者に対しても。

今日も素敵な1日を。

ただいま無料コーチングセミナー開催中です。
あなたのご参加をお待ちしております。

YouTube、Twitter、Facebook、Instagram、Voicy、note、ameblo
など各種SNSと、特典付き無料コーチングセミナーはこちら
https://lit.link/hm1

入社理由と退社理由

 

お金が理由で入社した人はお金が理由で去り、待遇を求めて入社した人はより良い待遇が見つかれば去る。
つまり、入社した理由が退社する理由。

一方で、組織のビジョン/経営者の人格で入社した人だけは、簡単には去らない。
ビジョンで入社した人が退職するのは、ビジョンに沿わない意思決定を経営者がし続けたときで
「入社した理由以外で退職する人」
が増えたら、組織は危険信号。

経営者は常に人格を磨き、ビジョンを達成できるように組織と仕組みを作っていく必要がある。

今日も素敵な1日を。

ただいま無料コーチングセミナー開催中です。
あなたのご参加をお待ちしております。

YouTube、Twitter、Facebook、Instagram、Voicy、note、ameblo
など各種SNSと、特典付き無料コーチングセミナーはこちら
https://lit.link/hm1