講演会では質問する

 

セミナーや講演会に出席した時は必ず質問するようにしましょう。

質問することで、主催者に自分を印象付けることができますし、
同じ会場にいる人との人脈も作りやすくなります。

また、質問することによって
自分自身が大勢の前の人で話す練習もできます。

ちょっとドキドキする場面で話す機会は多くないものです。

ぜひ思い切って手をあげましょう。

 

質問するためには、当然ながら質問内容を考えながら
聞いておく必要があります。

講演でメモするべきは、役に立った内容、質問内容、
そしてアクションプランです。

 

また、質問するときには会場全体に役に立つような質問を
投げかけましょう。

どんな立場であれ、その場に貢献するのです。

 

◆お勧めアクション:次回の講演会やセミナーでは必ず質問する。

 

「引き寄せ」×「コーチング」
コラボセミナー今なら5000円が無料、残席少
9月26日(月)19時~
見るだけで夢がかなう「宝地図」の望月俊孝先生とオンラインセミナーを開催します。
詳細はこちらからどうぞ。残席少です。https://www.takaramap.com/vor/20220926m

 

自分への問いが人生を変える

 

自分をコーチングすることをセルフコーチングと言います。

セルフコーチングの原点は、自分への問いを立てること。

自分へ質問する力があると人生は拓けてきます。

 

例えば、「より多くの人に貢献するには?」
「収入を増やすには?」「今より3倍幸せになるには?」
などの問いを立ててみます。

その問いが頭の中にあると、意識は勝手に解答を探し始めます。

気になる車があると、街中でその車ばかりが目に入るのと一緒です。

 

まずは問いを立ててみてください。

情報量が格段に変わり、行動量も変わってきます。

 

◆今日のお勧め1分アクション:これから24時間考える「問い」をひとつ立てる。