「参照点」が変わると人生が変わる

 

行動経済学という学問の中に参照点という考え方があります。

参照点とは、自分の基準をどこに置くのかということです。

例えば、年収500万円が参照点の人は、
それ以上の年収を得ることはありません。

参照点を上げると行動も結果も変わります。

 

そして、参照点を変えるために一番効果的なのは、
場所、職場、友人、などの環境を変えることです。

あなたの参照点を上げるために、あなたにとって適切な、
居住環境・職場・付き合う人びと・属するコミュニティ、
などを選んでいきましょう。

最初はちょっと違和感を感じるくらいでいいです。

 

◆今日のお勧め1分アクション:
参照点を上げてくれる友人を3人挙げてみる。

 

お役に立てたら、いいね・コメント・シェアなどいただけると嬉しいです。

「社員をサーフィンに行かせよう」パタゴニアの創業者著

 

先日、パタゴニアの創業者の本
「社員をサーフィンに行かせよう」を読みました。

ビジネスパートナー勧めてくれた本です。

 

パタゴニアの経営には自然と環境への愛があふれています。

すごいのが「1% for the planet」の活動。

売り上げの1%を自然環境の保全や再生にあて、
さらにその活動の団体を作り世界中の企業を巻き込んでいます。

弊社も教育事業を行っているので、
世界の識字率の向上につながる活動をしている慈善団体に
利益の10%の寄付しています。

ただ、あくまで利益からなので
売り上げからの寄付をしているのは本当に尊敬します。

 

◆今日のお勧め1分アクション:
自分の年収の1%を寄付するといくらになるか計算する。

インターナショナルスクールの授業参観

 

シンガポールにて小6の娘の授業参観に行きました。

日本と違い、グループごとに自分たちの研究の展示について、
来場者にどんどんプレゼンをしてくれます。

今年はSDGsの中で自分たちで決めたテーマについてプレゼン。

うちの娘のグループは海洋環境がテーマでした。

自分たちで研究し、発表することで学びを深めています。

将来、この学生たちがどんな活動をしていくのかが
とても楽しみになります。

環境に良い活動ってたくさんありますが、
教育や啓蒙ってトップクラスで大事と実感した一日でした。

 

◆今日のお勧め1分アクション:
自分が興味ある分野を研究、発表するとするとどの分野かを考える。