売上と信用負債の関係

 

自社のサービスが売れた瞬間は、売上は上がり、
お金という有形資産は増えます。

一方で、無形資産である信用においては負債を負った状態になります。

だから売上が上がった瞬間に安易に喜んではいけません。

負った信用負債をきんと満足に変えること。

そこで初めてきちんとした資産になります。

信用という無形資産が増えます。

売り上げによってお金である有形資産を得て、無形の信用負債を負い、
そして満足してもらって、信用という無形資産が最後に加わる、
という順番です。

有形資産も無形資産もしっかり増やしましょう。

 

◆今日のお勧め1分アクション:
あなたが持っている無形資産、追っている無形負債をチェックする。

 

今日も素敵な一日を。毎日1分で人生は変わります。
お役に立てたら、いいね・コメント・シェアなどいただけると嬉しいです。

 

お金とは信用の数値化

 

「お金とは信用の数値化」お金とは、
端的に言えば信用を数値化したものです。

よって、一番やってはいけないのは、
信用残高を減らしてお金を増やすこと。

例えば、価格の価値のないものを売ったり、相手から搾取することです。

これは一時的にお金が増えても、信用がなくなるので
必ず後からお金も減っていきます。

 

信用残高を増やし続けましょう。

価値のあるものを提供し、相手を満たし、信用を増やしていきましょう。

お金もそれに従って必ず増えてきます。

順番を間違えないようにしましょうね。

 

◆今日のお勧め1分アクション:
誰かの信用を勝ち取る小さな行動をする。

 

今日も素敵な一日を。

お役に立てたら、いいね・コメント・シェアなどいただけると嬉しいです。