人生120年時代に必要な力

 

10年前に衝撃をあたえた「人生100年時代論」は、現実的に「人生120年時代」になる。
つまり、定年といわれる60歳はまだ折りかえし地点で、国の制度を期待する不安層と、自身で工夫する自立層の二極化時代になりそう。

これからの時代に必要なのは、
「頼られる専門性」
「新しい物を拒まない新規性」
「信頼される誠実性」

の3つ。

みんなが会社を持ち、今の会社とも業務委託契約を結ぶような世の中にもなるでしょう。
どうせそうなるから早めにスタートすべき。

今日も素敵な1日を。

ただいま、無料コーチングセミナー開催中です。
「いくつになっても豊かな生活を送りたい。
でも、そのために何をすればいいのかわからない…」
そんな不安を抱えている方に向けて、今日からすぐに実践できる方法をお伝えしています。
ぜひご参加くださいませ。詳しくは以下からどうぞ。

YouTube、X、Facebook、Instagram、Voicy、note、amebloなど、
各種SNSへはこちらから↓
https://lit.link/hm1

人生を変える手帳活用術

 

大成功した人の手帳を覗くと「仕事以外の予定」がギッチリ詰まってる。

運動や学びはもちろん「睡眠時間」さえも予定に入れてることに驚いて、自分も取り入れた。

 

緊急ではないが重要なことを可視化してマネジメントする。

この習慣があれば1年で人生が激変する。

でも、やらない人は一生やらない。

スケジュール帳にアポや仕事の予定だけを書きこんでいる人の人生はうまくいかない。

スケジュールは、学び、運動、趣味、遊び、睡眠などの予定を書き込む。

あなたの人生を変えるのは「重要だが緊急でないこと」のはず。

それを手帳に書き込もう。

できれば手書きだと魂も込められる。

 

デジタルの手帳も、市販の紙の手帳もいろいろ試した結果、僕の場合はオリジナルの手書き手帳になりました。

A4サイズで、自分のビジョンやミッションなどもプリントアウトして2穴のフォルダにどんどん入れていく。

10年、3年、1年、当月の目標や行動計画も。

サイズが大きく持ち運びにはやや不便ですが、人生の羅針盤として大きなパワーを発揮しています。

 

今日も素敵な一日を。

人生を変える読書術

 

今までの人生で「本によって劇的に人生が変わった経験」
がない人は、今すぐ以下のポイントをおさえてください。

 

まず、読書時間をスケジュールに組み込み、
数千年も変わらない人間の本質が書かれている普遍的な古典を読み、1book1actionで行動して結果を検証すること。

 

読書で確実に人生が変わりますよ。

 

人生を変える読書習慣のポイントをまとめます。
①速読技術より読書時間の確保
②1book, 1actionで行動する
③自分の業界と他の業界のビジネス書、小説の3種を読む
④古典を優先する
⑤本は貸し借りしない
日本人は平均年間1冊しか本を買わない。
読書習慣があれば抜きんでれる。

 

昨日もベストセラー作家でありコンサルタントの神田昌典さんと、
読書についてお話しました。

 

神田さんは法人向けにも「読書会」をやっています。
その企業のビジネスマンに会った本を選書して、読書と行動を
ファシリテートしていく。

 

大企業も導入しているが本当にどんどん会社が変わっていくとのこと。

 

読書は個人も会社も確実に変えます。
そのためには、読んだら動くことですね。

 

 

今日も素敵な一日を。
お役に立てたら、いいね・コメント・シェアなどいただけると嬉しいです。

 

ヘルシーに自分を追い込む方法

 

あまり理解している人が多くないですが、
人生は「楽な時」より「大変な時」のほうが楽しい。

 

YouTubeを見る人より配信する人、
雇われる人より雇う人、
1人でだらだら過ごす時間よりも仲間とのハードワーク、

 

死ぬ前に「あぁ挑戦して良かったな」と思える人生が最高。

 

挑戦しよう。提供側になろう。

 

かく言う僕もダラダラと過ごした日々がありました。

 

インターハイに出場して燃えに燃えていた高校時代の反動で、
ダラダラと過ごした大学生活。

 

楽しかったのですが、そこに感動やうれし泣きは決してないことに
気づくのに3年かかった。

 

「きつい環境や鬼コーチがいないと怠けてしまう」
こんな怠け者の自分でも鍛えてくれる場所を求めて、
まだまだ不便だった中国へ留学しました。

 

それがきっかけとなり
「ヘルシーに自分を追い込む」ということを続けている。

 

サラリーマンを辞めて雇われ社長→アメリカ大学院留学
→結婚と同時の起業→第一子誕生と同時に海外移住と海外起業
→二度目の移住と海外起業→二度目の大学院→さらなる移住、
と自分なりの挑戦を楽しんでいます。

 

挑戦だけでなく、やっぱり「提供側」になる方が人生は楽しいですね。

 

コミュニティも参加するより主催する方がいい。

 

人生は与える方が得るものが大きいのです。

 

今日も素敵な一日を。
お役に立てたら、いいね・コメント・シェアなどいただけると嬉しいです。

 

人生を好転するコミュニティ効果

 

人生を好転させる最強のアドバイス。
仕事と家庭以外に「コミュニティを1つ以上」持つ。

 

職場と家庭以外の人間関係があると心理的な逃げ場ができる。
本当に自立したいなら依存先を増やすのが早いということ。

 

できれば「運動系」と「学び系」の2つがオススメ。
実践すれば仕事と家庭の両輪もうまくいく。

 

何か自分が熱中できることがあると「やりたい」という気持ちを
持ち続けることができるので、仕事も含めて人生が良い循環で回りだす。

 

思い切って趣味をど真ん中に置く。

 

するとワクワクした状態をキープできるので仕事も乗ってくるし
「趣味のためにも時間もお金も増やしたい」となり
モティベーションも上がる。

 

その熱中を持続させるのがコミュニティ。

 

熱中の持続に効果があり、仕事と家庭以外の心理的な逃げ場にもなる。

 

大人になってから学校に行ったり、趣味の運動のチームなどに
入ってみる。

 

そのコミュニティが本気であればあるほどあなたの人生も輝いてくる。

 

弊社のコーチングスクールをコミュニティ制にしているのもこのためです。

 

今日も素敵な一日を。
お役に立てたら、いいね・コメント・シェアなどいただけると嬉しいです。

 

自信とエネルギーの高め方:与える

 

誰かに与える、ということは、
実は自分に大いに自信とエネルギーを与えてくれます。

 

与える人が最も恩恵を受けるのが人生です。

 

与えることで誰かが喜んでくれれば、それが自信になります。
また、与えることによって人とのつながりは深くなっていきますし、
ビジネスであれば与えることで対価としての収入も増えてくるでしょう。

 

自信とエネルギーを高めようと思って、自分が何かを得ようとする
のではなく、むしろ与えるのです。

 

Give and Take ではなく、Give and Giveです。

 

簡単ではないですが、意識してみましょう。
これはお金の流れも同様です。

 

普段から、自分の見栄でなく誰かを喜ばせるために
お金を使っていたり、収入の一部を必ず寄付しているような人は、
エネルギーが上がっていきます。
収入も増えてきます。

 

ぜひ与えることを意識しましょう。

 

今日も素敵な一日を。
お役に立てたら、いいね・コメント・シェアなどいただけると嬉しいです。

 

人生の25年ごとの危機とは?

知らない人が多いですが、30代後半から50歳にかけて
「このままの人生でいいのだろうか?」という
「ミッドライフクライシス」がやってきます。

 

恵まれているはずなのに、幸福度が下がって悩み続けます。
でも、それが普通です。

 

大切なのは「ミッドライフクライシスとはそういうものだ」
と受け入れること。

 

25才から30才過ぎも、不安を抱える「クオーターライフクライシス」
がある。

 

ミッドライフとクオーターライフの「25年周期の危機」に対しては、
それを受け入れた上で

 

「目標確認と軌道修正をし続ける」
「キャリアプランよりライフプラン」
「人と比較しない」

 

などが必要。

 

ちなみにもちろん「レイターライフクライシス」という
「晩年の危機」も存在する。

 

結局、クライシスのない人生なんてないし、そんな人生はきっと
つまらない。

 

だから、クライシスが来たら「あ、これね、知ってるよ」と認識し、
淡々と対処すればいい。

 

やるべきことは、クライシスの前に準備をし、今を楽しみながら
ビジョンを修正し、一歩を踏み出すこと。

 

ピンチを楽しもう。ピンチは変化のチャンスだから。

 

今日も素敵な一日を。
お役に立てたら、いいね・コメント・シェアなどいただけると嬉しいです。

 

死ぬ気でやるのもやらないのもOK

 

死ぬ気でやると死んでしまいます。

なので、個人的にはあなたに死ぬ気で何かをやってほしい
とは思いません。

ただ、死ぬ気でやって死んでしまった人を批判する権利は
誰にもないとも思っています。

例えば、明治維新の志士たちの寿命を見てみれば、
その多くが若くして家族も持たずに亡くなっています。

それでも彼らは自分の人生に悔いはないでしょう。

大切なことは、あなたはどう生きるか?ということ。

何を取りに行くのか、何をこの世に残すのか?
うれし泣きをしたいのか、したくないのか?
ということです。

自分の納得の行く人生を描き、
今日はそのためにどう過ごすのかを考えましょう。

 

◆今日のお勧め1分アクション:
人生で一番頑張ったことを思い出す。

 

今日も素敵な一日を。
お役に立てたら、いいね・コメント・シェアなどいただけると嬉しいです。

人生がうまくいく2つの選択基準

 

人生は何を選ぶかがすべてです。

何をするか、何をしないか、などすべては選択です。

「選択」において大事なことを2つお伝えします。

1つは、あなた自身が自分で選ぶこと。
他人の選択をやっちゃダメです。
人から言われたことをやるのではなく、あなたが選びましょう。

もうひとつは、「もしたったひとつしか選べないなら
あなたは何をするか?」を考えることです。
集中をしましょう。

人生は選択がすべてです。
何を選択するかであなたの人生は変わる。
自分で選ぼう。
本当に大切なものを選ぼう。


◆今日のお勧め1分アクション:
あなたの人生にとって本当に大切なことを1分間行う。

 

今日も素敵な一日を。
お役に立てたら、いいね・コメント・シェアなどいただけると嬉しいです。

 

潮流とゴール

 

人生の中で、新しい潮流に乗ったときは
しばらくゴール設定しなくてもいいです。

例えば、転職や留学、結婚、出産など、環境が大きく変わった時は、
潮流、潮の流れが変わっているタイミングです。

今まで向かっていた島に向かっても、無駄になることがあります。

まずは今にフォーカスしましょう。

今取り組むべきことを一生懸命行います。

 

ただ、そのまま漂ってしまわないようにも注意しましょう。

3ケ月から半年くらい今に全力で取り組んだら、
改めて大きな方向性を確認します。

顔を上げて、向かうべき島を確認するのです。

そして、あなたが掲げている旗を再度意識するのです。

旗は自分の人生における使命です。

その旗にふさわしい島に向かいましょう。

 

今日も素敵な一日を。
お役に立てたら、いいね・コメント・シェアなどいただけると嬉しいです。