決断の2つのポイント

 

 

重要な決断は必ず自分で決めましょう。

子育てでも、学校選びなど、重要な決断は本人に決めさせましょう。

自分で決めた決断は、全力で取り組むし、
人に決められたことは必ず言い訳をします。

まず自分で決める。

 

そして大きな決断こそ即決しましょう。

時間をかけると人は守りの選択をします。

早く決めるほど、準備や取り組みそのものに時間をかけることができます。

成功確率も高まります。

自分で即決がポイントです。

 

◆今日のお勧め1分アクション:今迷ってることを今すぐ即決する。

 

未来の意識で今の決断をする

 

未来を決める時は、今の意識で決断してはいけません。

今の意識での決断の先には現状の延長があるだけです。

目標にしても今の意識で決めると、20%UPくらいの目標になり、
今より努力する、くらいの行動で終わってしまいます。

 

「今と違う未来にいる自分だったらどう決断するか?という視点で
今の決断をしてみてください。

こうすることで想像を超えた未来に行くことができます。

未来は私たちの想像を超えて素晴らしいものです。

 

◆今日のお勧め1分アクション:
今迷っていることに関して、
「未来の理想の自分ならどうするか?」で決断してみる。

 

常識を捨てた方がいい理由

 

あなたにとって、常識はどれくらい大切でしょうか?

 

基本的に常識はどんどん捨ててしましましょう。

常識を捨てた方がいい理由は、常識にしばられていると、
常識以外のことが見えなくなるからであり、
常識以外の行動が取れなくなるからです。

サラリーマンとしてお金をもらうのが常識だと思っている人は、
起業という選択は取らないでしょうし、
お金は会社からもらうものだと思い込んでいます。

ぜひ常識を疑ってみてください。

そのためには、あなたがまずどんな常識を持っているか、
どんな常識に縛られているかを確認する必要があります。

 

◆今日のお勧め1分アクション:
自分が持っている常識を3つピックアップして疑ってみる。

決断の方法

 

あなたは何かを決断する時にどのように決断するでしょうか?

 

効果的な決断の方法は以下のやり方です。

ある行動をとった方がよい理由と、とらない方がよい理由を書き出します。

次に、双方にどんな感情をいだいているかも書き出します。

この時点で多くの決断がくだせることがほとんどです。

思考と感情を切り分けて、どちらも大切にします。

それでも決断がくだせない場合は、
「●月●日までにどうすべきか教えてください」と
潜在意識に頼んでおきましょう。

不思議とそれまでに決断ができたり、
決断のためのきっかけとなる出来事が起きます。

 

◆今日のお勧め1分アクション:決断したいテーマを1つ考えてみる。

3人のメンターセルフワーク

 

前回お伝えした、3人のメンターを一人で行う方法を紹介します。

 

スマートフォンの録音機能を使います。

自分自身がよく思い浮かべてしまう「今はやめておこう」などの
ネガティブな独り言に対し、
「すぐやろう」「絶対成功する」「早くやればうまくいく」などの
ポジティブなメッセージを自分でスマートフォンの録音機能で録音します。

1分くらいポジティブなメッセージを言い続けます。

 

録音したら、今後は「今はやめておこう」と何度も繰り返して言いながら、
同時に先ほど録音したポジティブなメッセージを聴き続けます。

すると、ネガティブな独り言が日常で頭の中に浮かぶと、
同時にポジティブなメッセージも聞こえてきて行動できるようになります。

ぜひ実践してみてください。

 

3人のメンター

 

先日のセミナーで行ったワークを紹介します。

3人のメンターというワークです。

 

自分を制限しているビリーフ、
例えば、「私は自信がない」などのビリーフを思い浮かべます。

そのネガティブビリーフに対して、
誰にどんなことを言ってもらいたいかを考えます。

「大丈夫」「やればできる」「応援しているよ」
などのセリフが出てきたら、
自分自身はネガティブなビリーフをつぶやき続け、
同時に周りの人、3人からポジティブなコメントを言い続けてもらいます。

これを1分ほど行います。

すると、ネガティブなビリーフを思い浮かべると、
同時にポジティブなメッセージも頭の中で聞こえてくるようになります。

 

「志」とは何か?「志」を持つメリット

 

あなたにはどんな志があるでしょうか?

そもそも志とは何でしょうか?

 

「志」とは、他者に貢献する夢です。

つまり、自分のためでなく、世の中のための自分のビジョンです。

例えば、「私は大金持ちになりたい」は志にはなりませんが、
「世界から差別と貧困をなくしたい」というのは志になります。

自分のエゴだけだと、仲間はできません。

しかし、志を持つと仲間や応援してくれる人が現れます。

それによってあなたの人生はずっと豊かになります。

あなたの志はなんでしょうか?確認してみてください。

きっと素晴らしい仲間が現れます。

 

◆今日のお勧め1分アクション:自分の志は何かを確認する。

「すべき」より「したい」を優先しよう

 

あなたは「人に好かれるべきだ」「結果を出すべきだ」など、
「~するべきだ」と考えることがどれくらいあるでしょうか?

 

「~するべき」という言葉が頭に浮かんだら、
まず「ホントかな?」と疑ってみましょう。

その上で、それでも「したい」と思ったら、
「私は~することを選択する」「私は~したい」などと
表現を変えてみるようにしましょう。

「礼儀正しくするべき」「人に気をつかうべき」など
囚われた状態にならないようにしてください。

「~すべき」を「~を選ぶ」「~したい」に換えるだけで、
自分の本音に気づくようになります。


◆今日のお勧め1分アクション:
なにかひとつ、「~すべき」を「~したい」に言い換える。

 

「できない」を「しない」と言ってみる

 

「~できない」という言葉が頭に浮かんだら、
「~しない」と言い換えてみましょう。

例えば、「私は人前でリラックスして話せない」
というのが頭浮かんだら
「私は人前でリラックスして話さない」というように換えてみます。

こうするだけで、すべては自分の選択であることに気づくことができます。

 

私たちは、無意識に自分の可能性を閉じてしまっていることがよくあります。

それが行動しない言い訳になることも多々あります。

思い込みを捨てるためにも、
「~できない」ではなく「~しない」と言ってみましょう。


◆今日のお勧め1分アクション:「~できない」と思っていることを「私は~しない」と言ってみる。

 

正しい上半期の振り返り方

 

そろそろ今年も半分が過ぎようとしています。

ぜひ上半期を振り返っていきましょう。

 

正しい上半期の振り返り方は、あくまで目標に対してどうだったか、
を振り返ることです。

よって、当然ながら今年の目標の見直しが重要ですし、
上半期の振り返りにより、目標の修正と、
後半のアクションプランの再設定が必要になります。

仕事、健康、人間関係、趣味、居住環境、学び、お金、家族、など
重要なテーマで、今年の目標、上半期の振り返り、
後半のプラン、などを行っていきましょう。

 

その際、反省も大事ですが、
前半で達成できたこともしっかりみていきましょう。

それが後半へのエネルギーにもなります。

 

◆今日のお勧め1分アクション:
今年の前半で達成できたと思うことを5つあげる。