オール4を目指すな

 

苦手を克服すると凡人になります。

強みを伸ばすと超人になれます。

あなたが凡人になりたければ、
頑張って苦手や短所を克服するといいでしょう。

超人になりたければ、短所は放っておいて、
長所のみをひたすら伸ばしてください。

ちなみにその方が楽しいのでずっと身が入るはずです。

オール4を目指すのではく、
1や2は放っておいて5段階中の7を目指しましょう。

 

もしあなたがリーダーならば、部下の強みを徹底して伸ばしましょう。

親ならば、子供の強みを伸ばしましょう。

 

◆今日のお勧め1分アクション:自分の得意なことを1分行う。

好きの「本質」を仕事にする

 

以前、スポーツの専門学校でキャリアの講師をしていたことがあります。

スポーツ専門学校なので、
学生は卒業後にスポーツ関連の仕事に就きたがります。

ただ、スポーツの専門学校でも、
必ずしもスポーツ関連の仕事につく必要はありません。

考えるべきは「スポーツのどんな要素が好きなのか?」

例えば、エキサイティングさ、チームワーク、健康、などなど。

そこから発想を広げていけばいいのです。

好きの本質を見て仕事を考えましょう。

あなたは何が好きですか?

その好きの本質は何ですか?

 

◆今日のお勧め1分アクション:好きなものとその本質を考える。

 

社会貢献より得意なこと

 

やりたいことを考える時に、ニーズがあるかとか社会に役立つか、
などはあんまり考えなくていいです。

それよりもあなたの好きなことと得意なことを
かけ合わせてとことんやることが大切です。

そうやって突き抜ければ、結果として社会に役に立つようになります。

弱点は放っておきましょう。

あなたの得意と好きで勝負します。

 

この時に大事なのは、なりたいものを考えるのではなく、
やりたいことを考えることです。

職業名で考えず、本質的にあなたがやりたいことを考えましょう。

 

◆今日のお勧め1分アクション:
得意なこととやりたいことを掛け合わせて何がしたいかを考える。

 

「引き寄せ」×「コーチング」
コラボセミナー今なら5000円が無料、残席少
9月26日(月)19時~
見るだけで夢がかなう「宝地図」の望月俊孝先生とオンラインセミナーを開催します。
詳細はこちらからどうぞ。残席少です。

https://www.takaramap.com/vor/20220926m

あなたが勝てる場所を選べ

 

あなたの職場やあなたが勝負をかけている場所、
今取り組んでいる仕事は、あなた自身が選んだものでしょうか?

あなたが負けるのは、誰かに強制されたレースに参加する時です。

だから、強制された場所に行ってはいけません。

レースは自分で選んでください。

あなたが輝ける場、勝てる場、楽しめる場に行ってください。

そういう場は必ずあります。

偶然のチャンスをつかむのは素晴らしいことですが、
人に強制された場で戦ってはいけません。

戦場は自分で選びましょう。

 

◆今日のお勧め1分アクション:
どの戦場から降りるのか、どの戦場に向かうのかを考える。

 

仕事の本質と収入の関係

 

働くとは、「誰かに何かを貢献して対価としてお金をもらうこと」です。

よって、貢献の対象が多かったり、影響が深かったり、
時間が長かったり、希少性が高かったりすると、
結果として対価としての収入が増えてきます。

 

世界で一番売れた本をご存じでしょうか?

聖書です。

長い期間、広い対象に広まっているからです。

 

まずは貢献ありきと考え、貢献を大きくしていきます。

そして、貢献を大きくするには、
やっぱり好きなことでパワーを出すことです。

あなたの大好きなことで社会に貢献する方法を考えてください。


◆今日のお勧め1分アクション:
自分が好きで得意なことは何かを1分間考える。

 

努力してはいけない理由

 

日本では努力が美徳とされる傾向がありますが、本当は嘘です。

もっと楽していいんのです。

あなたが楽してできることは、きっと得意なことです。

得意で好きなことをやれば、必ず人より圧倒的にできるようになって、
結果として他者に貢献できてお金も入ります。

努力や苦労をなるべくせずに、楽にできること、楽しめること、
得意なことをやりましょう。

弱点なんて放っておいていいのです。

苦手はことは人に任せればいいのです。

もっと楽しましょう。

 

◆今日のお勧め1分アクション:楽にできる得意なことを考える。

脱マジメ

 

今までマジメにやってきて、やりたいことを制限してきた方は、
やりたいことをどんどんやってください。

例えば家族のために自分を犠牲にしてきたと思う人なども、
積極的にやりたいことをどんやりましょう。

また、既存価値観に囚われて
発想力や行動力が制限されていないかも考えてみましょう。

海外に住んでいると、日本には強い同調圧力があることを感じます。

「みんなと同じじゃなきゃいけない」「人と違っていると浮いてしまう」
というような強い恐れがあります。

その怖れを持ったままだと、行動ができず、
自由な発想もできなくなってしまいます。

◆アクション:
今までの自分ならやらないような、
不真面目と言われそうな行動をひとつやってみましょう。