◆私がしてきた自己投資

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★【NLPコーチング・語学トピック】
◆私の自己投資

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
先日、スタッフと話をしていて
自分の自己投資を振り返る機会がありました。

書籍購入も含めて、大なり小なり様々な
自己投資をしてきました。

それらがどのように後につながったのかを
いくつかご紹介します。

どんなリターンがあったのかも含めてお伝えします。
金銭以外のリターンの方がもちろん大きいのですが
数値化できるので金銭のことも。
●大学受験予備校(100万円くらい?)

後の大学入学へ繋がる。
これは一般的ですね。
●学生時代の中国留学(約100万円)

全部入れて1年間で約100万円。中国なので安かったです。
18年の時を経て、今の中国での起業、こちらでのビジネス、
日本におけるフルーエント中国語学院のビジネス、
などに繋がっています。
何倍ものリターン。
今でも繋がる友人も。
●学生時代のキャリアデザインスクール(12万円)

当時で言う就職予備校的な位置づけ。
後の中国留学への決意、今も繋がる圧倒的な人脈、
後のベネッセへの内定、そしてそのキャリアデザインスクールの
経営を代表取締役としてやる、ということにまで
繋がりました。12万円で確実に人生が変わりました。

 

この辺りまでは親のすねをかじりました。心から感謝。
以下は社会人になって。
●コーチング(約50万円)

これをきっかけに、前職にて英語をコーチングで
伸ばすビジネスを始めました。
今では非常に大きな売上を生むビジネスに育っています。

 

●コロンビア大学教育大学院(もろもろで1000万円弱?)

値段は定かではないですが大きい投資。
奨学金もコロンビアとニューヨーク州からいただきましたが。
人脈や大いなる経験と自信をいただきました。

リターンとしては、現在の会社の起業、
英語勉強法スクール「バイリンガルズ」の設立、
英語本「いつでもやる気の英語勉強法」に繋がっています。
こちらも何倍にもなってます。
●大学院時代のNLP(約150万)

アメリカ、メキシコ、カナダなど飛び回りました。
純粋に楽しかったですね。
現在の弊社のNLPコーチングの
ビジネスとして大いに花開いています。
NLPを使った書籍も多数出版させていただきました。
●ボストンでのマクロビオティック(約200万円)

これは本当に大きかった。
なぜなら長期にわたる「健康」を手に入れたので。
健康が手に入ることは、時間とお金が手に入ること。

もちろん学びも超楽しかったですし、
世界中に親友もできた。
「脳より体を磨きなさい」の出版や
弊社のオーガニックレメディーズのビジネスにも
繋がりました。
●今回の中国での起業

これは起業としての投資ではなく
実は自己投資の意味も大きいです。

海外での起業を通じて自分を成長させてしまえ、と。
さっそくリターンは得ていますが、
どう花開くかはこれからのお楽しみ。

 

もちろん他にも様々な投資がありますが
大きく花開いた投資は、すべて「場」です。
通信教育ではなく。

場に行くと出会いがあります。
場に行くと五感で刺激を受けます。

知識は重要ではないのです。
ちなみに大学院で学んだことなど
ほとんど忘れています。

刺激、経験、人脈、そして自信が得られるのが
場の学びなのでしょう。

そして、自己投資の時期は早ければ早いほどいい。
リターンにかけられる年数も増えるし、
エネルギーがある時にやるのが何より。
自己投資、どんどんしてください。
一番確実な投資です。

 

 

弊社は通信教育もやっていますが、
「場」は以下です。

●各種NLPコース

http://www.synergyplus.co.jp/nlp/

●フルーエント中国語学院

http://fluent.asia/

●バイリンガルズ英語勉強法スクール

http://bilinguals.jp/

私が登場する「場」は以下です。
「NLPコーチング国際資格コース」

http://www.synergyplus.co.jp/nlp/nlp_coach.php


This entry was posted in NLP心理学/脳と心の操縦法. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>