★【NLP心理学トピック】 ◆「アイ・アクセシング・キュー」NLP無料動画学習サイトより5.◆

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★【NLP心理学トピック】
◆「アイ・アクセシング・キュー」

NLP無料動画学習サイトより5.◆

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


脳の効果的な使い方をマスターする
【NLP無料はじめてキット】

すでにダウンロードいただけているでしょうか。

1月から、このブログにおいて
弊社が運営する【NLP無料動画学習サイト】より、
各種NLPのスキルと動画をお伝えしております。

●NLP無料動画学習サイト●
http://nlp-free.jp/


第5回は、【アイ・アクセシング・キュー】です。

◆無料動画はこちら【アイ・アクセシング・キュー】847秒◆


目と脳は非常に密接な関連があります。

「見る」という行為は、

目の働きではなく、目と脳の連携にあります。

「目は口ほどにものを言う」と言われるように、

目の動きのパターンを観察することで、

相手が脳の中のどの部分にアクセスしているかの手がかりがつかめます。

ある事柄を、画像(イメージ)捉えているのか、

音で捉えているのか、感覚で捉えているのかというヒントです。

それによってどのように接するのが良いかがわかってきます。

 

これらの目の動きは、側部眼球運動と呼ばれ、

NLPでは、これらを視線解析

(アイ・アクセシング・キュー eye accessing cues

と呼んでいます。

これらの眼の動き(上下左右斜め)は、

世界中の多くの国、人々に見られ、

同じような思考プロセスにつながるキュー(ヒント)になります。


右上への動き  → 創造された視覚情報(イメージ)にアクセス

左上への動き  → 記憶された視覚情報(イメージ)にアクセス

右水平への動き → 創造された聴覚情報(創られた音)にアクセス

左水平への動き → 記憶された聴覚情報(音)にアクセス

右下への動き  → 身体感覚情報(イメージ)にアクセス

左下への動き  → 内的対話(自分自身との対話)


上記のアイ・アクセシング・キューは

誰にでも当てはまるものではありません。

全く目が動かない人や、上を向いたりする人、

逆に動く人など、異なったパターンの人もいます。

また、左利きの人は逆になるかもしれません。

相手をよくキャリブレーションすることで

その違いの癖を見つけておくことが必要です。


ただ、間違いなく、個人の特徴があります。

職場や家庭など、自分に近い人の特徴を知っておくと

コミュニケーションがスムーズになります。

弊社の「2日間速習NLP」(セミナーまたはDVD)の

ごく一部を公開しています。


◆無料動画はこちら【アイ・アクセシング・キュー】847秒◆


セミナー「2日間速習NLP」はこちら

DVD版「2日間速習NLP」はこちら

———————————————————-

◆セミナー・スクール受講生募集中

シナジープラス
日本NLPコーチング協会

【脳と心と体の操縦法】
シナジープラス社全講座のエッセンスを格安で

【2日間速習NLP】
話題の心理学「NLP」全コースの内容(通信コース
も)

【米国NLP協会認定プラクティショナー資格コース】
人生を変えるコース

【バイリンガルコーチング英会話コース】
短期間で英会話をマスターする
【最後の英語】
加速学習による最強の英習得セミナー(通信コース
あり)
【引き寄せの学校】
 欲しいモノ、やりたい事、なりたい自分を“引き寄せる”
【オーガニックレメディーズ】
セミナーCDで一生涯の心身の健康を!

【ボディ・マスタリー】
体の使い方を極めて自己実現を行う画期的セミナー


This entry was posted in NLP心理学/脳と心の操縦法. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>