◆子育てにおけるIメッセージとYouメッセージ

◆子育てにおけるIメッセージとYouメッセージ

コミュニケーションにおいて、
YouメッセージよりIメッセージが有効であることは
よく言われます。

「あなたに◯◯してほしい」というのではなく、
「あなたが◯◯すると私は嬉しい」と
言ったりすること。
私はまだちょっとした単語やセンテンスを
話し始めたばかりの子供がいます。
ついつい「◯◯ちゃん、ダメだよ」と
言ってしまいたくなる時も
あるのですが、なるべく、
「◯◯ちゃん、いやいや」と自分の感情として
伝えるようにしています。
「ダメ」という言葉が、
子供を抑制しているように感じるのと、
何より子供に「ダメ」という言葉を多用するように
なって欲しくないから。

「ダメ」というのは、
人に対して言う言葉であり、
物事を潜在的に人のせいにしてしまうと
感じています。
私自身は言葉が人を作るとも思っているので
ちょっとしたことですが、
気をつけるようにしています。
まだまだ「◯◯ちゃん、ダメだよ」と
口走ることもありますが。。

 

◆ちょっとした習慣
「自己責任の表現を使う」


This entry was posted in ちょっとした習慣, NLP心理学/脳と心の操縦法. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>