◆受講生のご活躍 IGS代表福原正大さん出版

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
★【受講生のご活躍】
  ◆受講生のご活躍 IGS代表福原正大さん出版
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
受講生のご活躍をご紹介します。
NLPの資格コースのご受講生である
福原正大さんが新刊を出版されました。
「なぜ、日本では本物のエリートが育たないのか?」
以下、アマゾンより紹介記事です。
—————————————————————–
【著者について】
福原正大
Institution for a Global Society(IGS)株式会社 代表取締役
慶應義塾大学卒業後、1992年に東京銀行に入行。
INSEADにてMBAを取得。
「グランゼコールHEC」で国際金融の修士号を最優秀で取得。
筑波大学博士(経営学)取得。
2000年、世界最大の資産運用会社
バークレーズ・グローバル・インベスターズに転職。
35歳にして最年少マネージングダイレクター、
その後日本法人取締役に就任し、
NY証券取引所でオープニングベルを鳴らす。
2011年日米リーダーシッププログラム日本側デリゲートに選出。
2010年、未来のグローバルリーダーを育成する
小中高生向けスクールIGSを設立。
【著者より】
日本では優秀なのに、海外で評価されない理由――
それは、英語力やMBAを超えた「評価基準」を知らないからだ!
【グローバル化に脅え、
まずは英語力とMBAだと思い込んでしまう人たちに読んでもらいたい! 】
私は、約20年のビジネス経験から、
日本(日本企業)では優秀だと評価される人材が、
海外(外資系企業)に行くと
まったく通用しなくなってしまう現実を見てきました。
もちろん、語学力や資格はあるに越したことはありませんが、
日本人がグローバル化に対応できなくなっているのは、
それが本質的な理由ではありません。
必要なのは、英語力とMBAを超えた
「3つの力」だと考えています。
私自身、30歳で外資系に転職してから、
たった5年でマネージングダイレクター(役員待遇)、
その後、取締役まで昇進することができたのは、
この3つの力に気づき、活用してきたからです。
日本で生まれ育ち、
大学時代の英語の成績はBかCという状態から
スタートした私にもできたのですから、
みなさんも今からでも遅くありません!
—————————————————————–
国際舞台の第一線で活躍してきた福原さんならではの
本質をついたリーダーシップ論です。
世界で活躍したい方はぜひ手に取ってみてください。
「なぜ、日本では本物のエリートが育たないのか?」
◆福原さんご受講の講座はこちら
【2日間速習セミナー】
◆中国語・英語を武器に世界で活躍したい方へ
「シャドーイング・英語勉強法スクール バイリンガルズ」
「HSK合格・中国語発音のフルーエント中国語学院」
→ http://www.synergyplus.co.jp/bilinguals/china_school.php




This entry was posted in 受講生のご活躍. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>