◆古典を学ぶ理由

★【近況報告】
 ◆古典を学ぶ理由
最近、改めて「古典」を学んでいます。
世界を舞台に活躍していこうと思うと、
深いレベルの教養が不可欠であり、
さらには、宗教、歴史などの知識も不可欠になってきます。
数百年読み継がれている本を
優先に学ぶようにしています。
今は改めて、新約聖書・旧約聖書、論語などに
目を通しています。
大学時代に英語の勉強のため教会に通ったことはありますが
クリチャンではないのでまともに聖書を読んだことなどは
ありませんでした。
聖書は世界中で最も売れている本ですね。
そこにはどんな秘密があるのか。
それを読んできた人はどんな価値観を持つのか。
やはり知っておく必要があります。
ただ、これらの聖書や論語は
政治利用されてきたという観点も忘れてはならない観点です。
時の皇帝の編集意図が必ず入っているため
その「意図」も読み解く必要があります。
単に、「素晴らしい本」として学ぶのではなく、
背景を知ってこそ意味があります。
聖書も論語も、キリストや孔子が書いたものではなく
後に編纂されたものなわけです。
広く読まれているという言い方もできれば
広く読まされているという言い方もできます。
クールに客観的に読むことが大切です。
いずれにせよ、
客観的にに見てみると面白い観点がたくさん見えてきます。
例えば、旧約聖書では、神はまずアダムを作ってから
地球を作ります。
つまり、地球上での最上位は人間であり、
自然は人間が管理するものと考えます。
このあたりは、自然との共生を考える日本人の思想とは
かなり異なることなどもわかります。
やはり異文化コミュニケーションには
必須の知識だな、と思います。
ただ、論語や聖書はそのまま読んでもあまり面白くなく、
むしろ苦痛だと思いますので入門書を薦めます。
「高校生が感動した論語」や
「聖書物語」など、
とっつきやすそうな本から読むといいでしょう。
古典学習、また報告しますね。
◆フルーエント中国語学院、無料説明会始めました。
メール後半のご案内をご覧ください。
フルーエント中国語学院 無料説明会ご参加予約はこちらから
◆「2日間速習NLP」12月クラス、締切間近です。

This entry was posted in 近況報告・最新ニュース. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>