和の心と異文化コーチング

私自身は、
実は異文化コミュニケーションが専門とも言えます。大学時代に遡ると、早稲田大学商学部にて
「異文化コミュニケーションの研究」という
ゼミの幹事長を。

卒業後は、ベネッセコーポレーションにて
語学の教材開発やマーケティング、
コロンビア大学の教育大学院時代は
多文化他言語教育を研究。
研究の傍ら、NLPなどのコミュニケーション技法も
学んでいました。

語学やコミュニケーション、コーチングで
今までサポートさせていただいたクライアントさまも
4000人以上。
省庁でのコミュニケーション研修も
任せていただいています。

異文化コミュニケーションと言われますが、
本質は国家や文化の問題というよりも
「相手をいかに受け入れれることができるか」
とうことになります。

そう考えると、同じ文化の中、
日本人同士においても価値観における異文化は存在し、
相手を受け入れることが大切になるのです。

今回の上海の研修では、
同じ文化の中にも存在する、
「相手を受け入れることの重要性」
のようなものからスタートすることになりそうです。

そして、最終的には
「相手にいかに貢献できるか」
とう発想にいけるかがカギだとも思っています。

そういう意味で「和の心」のようなものが
じんわりと伝わる研修になればと思っています。

もちろん、法人研修なので現場の生産性が
きっちりと上がるように落としこんでいきますが。

周囲への貢献を考えて行動した時に
物事はうまく回っていきます。

これは仕事においても私生活においても言えることです。

あなたが今日、
周りに貢献しようと思っていることは
何ですか?

今日も良い循環が起こりますように。


This entry was posted in 中国・蘇州 起業編, 法人研修・講演, 近況報告・最新ニュース. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>