桜沢如一。100年の夢。

奥さんがプレゼントしてくれた
「桜沢如一。100年の夢。」を読み始めました。

マクロビオティックの創始者、
桜沢如一の伝記です。

舞台は終戦間近の満州から始まります。

敗戦必至の日本を救おうとロシアに
無謀にも渡ろうとする桜沢の姿から
物語がスタートする。

僕が中国にいるのはそもそも
彼の存在があります。

地球の調和を考えた時に
中国や中国への貢献が欠かせないと
考えたからであり、
桜沢如一氏や久司道夫氏からも
大きな影響を受けました。

この物語が始まる終戦間際の中国にて
私の父も生まれました。

本当に運良く日本に帰ることができたのです。
命を失っていた可能性や
シベリア拘留や残留孤児の可能性だって
大いにありえたでしょう。

命をつないでくれたことに
祖父母も含めて改めて感謝をしています。

そして、僕が今
68年の時を経てその中国へやってきています。

マクロビオティックの創始者、
桜沢氏は何を夢見ていたのか、
僕には何ができるのか、

本を読み進めるのが楽しみです。

 


This entry was posted in 中国・蘇州 起業編, 体と健康, 近況報告・最新ニュース. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>