千葉大学医学部附属病院研修

先日、千葉大学医学部附属病院様にて
スタッフの方向けのコミュニケーション研修を行いました。

現在、千葉大学医学部附属病院では
病院スタッフ、医師・看護師・薬剤師、患者のコミュニケーションを円滑に
するためのプロジェクトに取り組んでいらっしゃいます。

その一環としてのコミュニケーション研修。
NLPとコーチング、その他ツールを融合しての
セミナーをご提供させていただきました。

元々は、弊社が行っている文部科学省の官僚向け研修の
ご縁でお声かけいただきました。

約20名の熱意のある若手スタッフの方にご参加いただき、
こちらもたくさんのエネルギーをいただきました。

弊社も、「オーガニックレメディーズ」や「ボディマスタリー」など
体と健康に関するサービスを提供しているので
こういう機関に貢献できることは本当にうれしいことです。

個人的には、大学病院は研究や高度医療に特化できる
環境を整えてあげたいな、と思っています。

つまり、そのためにはちょっとした風邪などで
患者が大学病院を頼らない仕組み作りが必要だと思っています。

自分の体はできる限り自分で管理する。
仮に病気になっても、軽い病気で安易に大学病院を頼らない。
そういう意識が地域にも必要なのではと感じています。

その意味で、
医師・看護師・薬剤師、患者のコミュニケーション改革に取り組んでいる
姿勢は本当に素晴らしいと思いました。

参加者のみなさま、ありがとうございました。
みなさんの人生がより充実したものとなることを祈っています。

日本NLPコーチング協会

【2日間速習NLPセミナー】
   話題の心理学「NLP」全コースの内容

【DVD版2日間速習NLP】
   話題の心理学「NLP」の通信コース


This entry was posted in 法人研修・講演. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>